読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽきたに 〜ありきたりな非凡〜

現役F欄大学生が送るゴミ溜めと独り言

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」を観た。工学部学生・ロボット好きにおすすめしたい。

どうも、こんにちは。たっきーです。
先日、「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」を観ました。
君の名は。」ぶりぐらいに映画館に映画を見に行ってきました。
めっちゃよかったです。
 
 
 

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」とは

あらすじ
岡山県倉敷市父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

 

 
 
 

観る前と観た後の印象

僕のひるね姫の観る前のイメージは
「夢と現実が交差する感動ファンタジー」でした。
しかし、実際に観終わった時のイメージは
「胸アツロボットアニメ」でした。
以下、なるべくネタバレせずにそう思った理由とか書かせてくれ。
 

 

観る前のイメージは「夢と現実が交差する感動ファンタジー」。

僕は映画を見に行くときは前調べをほぼしない。ネタバレされたくないので。(Twitterの公式アカウントをフォローするぐらいはした。)
なので、前情報はほぼない状態であった。
ひるね姫Twitterプロモーションアカウントのツイートでよく見かけたのが
「感動」とか「ラブストーリー」とかの単語をよく見かけた。

 

勝手に「君の名は。」みたいな感じなのかな?って勝手に思っていた。
 
 

 

観た後のイメージは「胸アツロボットアニメ」。

終わってから他人はどのような感想をもっているのか、自分の持ってる感想と比較したくてその映画のレビューをよく眺めたりする。
ひるね姫のレビューを見てると、「もうちょっとロマンチックな感じにできなかったのか」とか「心理描写に違和感。危機なのに緊張感なさすぎ」とか「登場人物のバックグラウンドについてもっと描いてほしかった」とかの批評があがってたりする。
「感動」や「ラブストーリー」を期待して観に行ったのならレビューの点数が低くなるかなって思いますね。
 
観てみると、「ロボットアニメ」でした。
グレンラガン」とか「エヴァンゲリオン」みたいなSFロボットが好きな人は好きになれるんじゃないかしら。
巨大なロボットが巨大な生命体と戦う。
めちゃくちゃ胸が熱くなるバトルがありました。
 
 

 

ちょくちょく男の子が好きそうな小ネタを挟んでくる

劇中でバイクやロボットがいっぱい出てくるんだけど、男の子はそういうのすきなんじゃないかな?(僕は好きです。)
人形に変形するバイク、巨大ロボット、エンジンのパーツ、ソースコード(っぽいの)、5−56(っぽいの)、etc…
みたいな感じで機械やバイクいじりが趣味な人は見てて楽しいんじゃないかな?(僕は好きです。)
 
 

 

個人的に主人公のバイク、めちゃくちゃデザインが好みです。

側車外して僕が運転したい。
  • タンクにヘッドライトがついてる
  • お尻が痛くなりそうなシート
  • 低いハンドルポジション
  • フロントがスイングアーム
とても良きです…
 
 
 

主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」

懐かしい曲ですね。なんの曲か忘れましたが。←

www.youtube.com

 

デイ・ドリーム・ビリーバー

デイ・ドリーム・ビリーバー

  • 森川ココネ
  • アニメ
  • ¥250

 

 

 
 
 

まとめ

期待していた映画とは違ったけど、いい意味で期待を裏切ってくれた素晴らしい作品でした。
工学部学生・ロボット好きは是非劇場に観に行ってほしい。

 

 

 

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

 

 

 

ひるね姫~知らないワタシの物語~ (1) (角川コミックス・エース)

ひるね姫~知らないワタシの物語~ (1) (角川コミックス・エース)

 

 

 
 

独り言

一緒に観に行った人も目をキラキラさせながら楽しかった!って言ってくれたのでよかったです。誘ってよかった。
どうでもいいけど、最近の技術力って魔法みたいだなって思いました。
自動運転ってもはや魔法じゃん。
 

 

スポンサードリンク